産声:チノメザメ~21世紀を学ぶ君へ~

スポンサーリンク




まずはご報告させていただきます。昨日筑波大学附属坂戸高等学校を離任しました。筑坂での4年間、お世話になったみなさんに心より感謝申し上げます。それに伴って、当ブログ『今からIBをはじめる君へ』を一旦閉じることにしました。

筑坂の生徒のみんな、最後まで楽しく授業をさせてもらいました。ありがとう。Edmodoにメッセージを残しておきました。先生は退職するけれど、相談したいことがあったらいつでもメール下さい。

2017年2月28日にプレビューオープンし、同4月1日に公式オープンした当ブログは、1年という短い期間ではありましたが、たくさんの方々に応援していただきました。特に2018年に入ってからのアクセス数が「ええっ!」と実際に声に出てしまうくらい伸びています。関心を寄せていただいたみなさん、本当にありがとうございます。

私たちはどこまで行けるだろう

中島みゆきの「樹高千丈落葉帰根(アルバム『心守歌』より)」という歌にこんなフレーズがあります。

「私はどこまで行けるでしょう 空まで上って行くかしら
それとも違う土地へ行き 望み叶わずに散るかしら」

結果がどうなるかなんて誰にもわかりませんが、私にはどうしてもやりたいことがあります。そしてそれを発信することによって、日本の教育に何らかのインパクトを与えられないかと本気で考えています。

お前みたいなバカにやれるはずないだろう。周りのすべての人にそう言われて私は育ちました。それもそうだなって悟りかけていたのですが、どうしてもやりたいという衝動に勝てず、今に至ります。でも、案外やってみたらできたことがたくさんありました。私のことを「人間としての最低限を下回っている」と罵る友人は、「お前は人生の岐路という岐路でよりバカな方を選択してきたが、バカも貫き通すとちょっと利口に見える」と言います。

結果、本気でやりたいと思ったことはすべてやらないと気が済まない人間になりました。幸いにもその多くが実現してきたことをいいことに、どうやら「念ずれば花ひらく」位にこの世の中を捉えているフシがあります。

教育者としてのコア

筑波大学附属坂戸高等学校を退職して、これから私は大阪に行きます。大阪に行って、新しい学校を作ります。日本初の公設民営の学校です。国際バカロレアの日本語と英語によるディプロマ・プログラムを実施します。

民営とはいえ公立の学校なので、プログラム受講料を別途徴収することなく、どんな家庭の子供達でもIBという学びを選択し、挑戦することができます。

大阪のみなさん、大阪の公教育と言わず、日本の、そして世界の公教育に風穴を開けられるような実践を発信していきましょう。民間の経営手法とこれまでの大阪の公教育の経験に基づいた叡智とのコラボレーションの結果、どんな学習機会を提供できるのか今から楽しみです。

日本で生まれ育った子供たちが、日本でキャリアを築くことを決めた外国籍の子供たちが、共に学びあい、国際基準の教育プログラムを受講することによって、さらにチャンスを広げる仕組みを大阪YMCAの職員として民の立場から作るのが私の次なるミッションです。これまで公の立場で教育に関わってきた私の経験を活かして、そんなシステムを作ってみたいんです。

日本全国のみなさん、どうぞ大阪の挑戦を見ていてください。新しい学校のカタチを見せられるよう全力を尽くしたいと思います。応援よろしくお願いします!

産声

『経済格差や地域格差が教育格差を生まない仕組みを作りたい』

私の教育者としてのコアはこの一言に尽きます。それは私の生い立ちや東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市出身というのが大きく関わっています。

たかが一教員にできるわけがないとは私自身もわかってはいるんですよ、頭では…。でも、もしかしたら何とかなるんじゃないかって、自分でも笑っちゃうんですけど、もしかしてって思っているところもあります。

でも、私の力だけでそれは叶うわけがありません。みなさんの力が必要です。IBと出会って私はたくさんの情熱ある先生たちに出会いました。全国に点在するその情熱を何とかして繋げれば、何かムーブメントが起こるんじゃないか。どこで生まれ育っても、チャレンジできる。そういう社会を次の世代に見せられるんじゃないか。今はそう思い始めています。

本日を以って当ブログ、『今からIBをはじめる君へ』は終了します。そしてできるだけ近いうちに『チノメザメ~21世紀を学ぶキミへ~』というブログをオープンさせたいと思っています。早くて5月、かかって7月になるでしょうか。

「チノメザメ」というキャラクターを、このブログのトップページにある写真の左側に写っている筑坂の卒業生、大平敦尊くんがデザイン中です。このキャラクターは志津川高校の阿部富子先生のアイディアです。

執筆陣には新しい仲間も加わることになりました。どうぞご期待ください。引き続きブログのURLは「knowledge-caravan.com」で、これまでのエントリーもそのまま残しておきます。

最新の情報は当ブログの公式Twitterアカウントでも発信していきますので、そちらもチェックしてみてください。

最後に

最終回にみなさんに送る歌は「거위의 꿈(ガチョウの夢)」という歌です。そのメロディも歌詞も美しい。いろんな人が歌っていますが、私は作詞作曲を手掛けた김동률(キム・ドンリュル)と이적(イジョク)が歌ったのが一番好きです。

私たちが何か新しいことを始めようとするとき、運命とか慣習という名の誰に作られたかよくわからない限界が立ちはだかっています。でも立ち向かうべきはその限界ではなく、その限界を私たちに諭す人々です。立ち向かって傷ついて涙する人たちを嗤う人たちです。でもね、それに耐えうる想いこそが本物。それを分かち合えるのが友。

なんてカッコよく閉めたかったのですが……新しいブログのオープンまでに我慢できずに、旧ブログのままエントリーをリリースすることがあると思います。(次回は27日にリリースです)。ずるずるリリースし続けて、気が付いたらぬるっと新しいブログになっているかもしれません…。

でも、クマユウのやることですからね。どうか、ご愛嬌ということで大目に見ていただければと思います。そして今後ともどうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク




フォローする