大学生になった僕たちの学び:塩田匠の場合

スポンサーリンク




どうもみなさん、お久しぶりです。塩田匠です。私は東洋大学の新設学科である、国際学部グローバルイノベーション学科に所属しています。

大学が入学してからもう半年がたちました…この頃、時間の流れが異常に速くなってる気がします。今日も気づいたらもう夜です。(笑)

今回は私が大学生になってからどんなことをしてきたについて書こうと思います。

まずは6月に行われた2つのイベントから始めていこうかなと思います。

元大統領と面談!?

2017年6月5日に、東洋大学にマレーシアの前大統領、マハティール・ビン・モハマド氏が訪問し、私たち学生と対談するというイベントがありました。私はInterviewerとして参加しました。東洋大学の学校ホームページにも掲載されています。

参加の経緯はまた後で。実を言うと、彼と対面して話している時のこと、あんまり覚えていないです。後から残っていたビデオを何度か見直し、やっと少し思い出せるという感じです。そのとき感じたことというか気づいたことなのですが、マハティール氏はすごくしっかりと地に足が着いてるんですよね。彼の一言一言に経験と信念が詰まってるというか…やはり大統領として、様々な現実に直面してきた人ならではの重みのある言葉だったのかなと。そんなことを感じさせる話をたくさん伺いました。

今度は…!?

同年6月15日に東洋大学で、また対話イベントが開かれました。今度のお相手は世界銀行の元総裁、ロバート・ブルース・ゼーリック氏で、今回も私はInterviewerです。まさかこんな立て続けに世界のBig Nameと対話することができるなんて……私の大学生活は幸先のいいスタートを切ったと言えるでしょう。こちらがそのイベントレポートです。

ゼーリック氏は「語学を頑張れ」って私達に言いました。彼は小さい頃にドイツ語を勉強していて、絶対役に立たないと思ってたそうなんですが、大人になって政府関係の仕事に就いたとき、子供の頃に勉強したドイツ語が役立ったそうです。私も中学時代英語が最も嫌いで、こんなの絶対意味ないって思ってました。でも高校で英語が好きになり、今は生活の3分の1くらいは英語を使ってます。なのでとても共感できる話でした。

私でも出来たんだから

私がInterviewerとして参加した経緯をお話しましょう。とっても簡単です。自分でApplyしたんです。きっかけは私が履修しているStudy SkillsⅠを教えてくれているGINOS(Department of Global Innovation Studies)の学科長です。授業終わりにお話をしていたところ、こんなイベントがあるよと教えていただきました。当時の私はとにかく英語を使う練習をしたく、授業以外に英語を話す機会を探していました(GINOSの授業は全て英語で行われます)し、元大統領に世銀の元総裁で、しかも自分の好きなことを質問できるなんて…完璧です。いや、もうこんなの「やるしかないっしょ!」ということで参加を即決しました。

今回のDialogue Sessionに参加するにあたり、準備のための集会が何度か行われました。よって質問メンバー同士の顔合わせもやったんですが…もうビックリするくらい参加メンバーが少なかったんです。各対談セッションに合計六、七人しかいないんです。てっきり私は人が多すぎて選考が行われるんじゃないのかと思っていたので、逆に何でこんなに人が少ないんだろうと疑問でいっぱいでした。何だかすごくもったいないなって。こんな機会は滅多にやってこないのに。

自信がないからっていうのは、行動しない理由としてはもっともらしく聞こえますが、結果チャンスを逃す以外の何物でもありません。私は惨敗しても、そのことで学べることのほうが絶対に大きいって信じています。

最後に

ダイヤモンドも見る人によってはただのガラス細工にしかなりません。つまり、興味がない人に、「これはこんなにすごいものなんだよ、こんなに価値があるんだよ」と言ったところで響きませんよね。

前にブログで述べたと思いますが、「興味がない」で終わらせてはダメなんですよ、その裏にある新たな出会いやチャンス、その他諸々を逃してしまいます。やっぱり何事にも一回は首を突っ込んでみないとね。

そしてもう一つ、チャンスを迎え撃つためのスキルがないとそれを活かしきれないということを、ここに来て再び実感することができました。あんなBig Nameと話ができる機会なんてそうそう無いのに、私はまだ活かしきれていなかったです。熱意に伴う知識とスキルがないと、ここから先はどうにもならなそうですね。

ということで私の次の課題はそこですかね、しっかりとチャンスに見合った武器とスキルを身につけないとね。では、また後のブログで。

Keep acting your ideal yourself, then you would be what you want to be.

スポンサーリンク




フォローする