新春特別インタビュー:山田浩美先生に聞く-1-

スポンサーリンク




みなさん、こんにちは。熊谷優一です。筑波大学附属坂戸高等学校で国際バカロレア・ディプロマ・プログラム・コーディネーターをしています。

今回は、当ブログにもご協力いただいている、NISTインターナショナルスクール(バンコク)で国際バカロレア(IB)の日本語を担当している山田浩美に伺ったお話をみなさんにお届けします。

新春っていつまで正月気分なのかと思われるかもしれませんが、私は「13月ばあさん」の孫。旧暦で生きていますで、旧暦のお正月をお祝いするにあたりということで、ご理解ください(無理やり?)。

DPの最終試験について

DPの最終試験は9月に学期が始まるインターナショナルスクールでは5月に、4月が新年度の日本の一条校では11月に実施されます。日本語で実施される科目も、問題が日本語で表記・記述されているだけで、基本的には同じ問題を全世界の様々な言語で受験するDP生徒同様の試験を受けます。

日本の学校文化にとって、学内の先生が作った試験で評価されるのではなく、学外の機関が作成した試験を受験し、評価されることは一般的ではありません。また、DPの場合はその試験結果によって資格が付与されたり、されなかったりします。

全科目で条件をクリアすればいわゆる「フルDP」が付与されます。1科目でも条件をクリアできなかった場合は、クリアした科目の「サーティフィケート」が付与されます。とはいえ、フルDPを付与されたと言っても、何点取ったのかによって進学する大学の選択肢は変わりますし、大学によっては科目サーティフィケートも評価するところもあります。

つまり、DPは最終試験の結果次第なのです。この点は怖いと思うんですよね。生徒も保護者も、そして先生たちも。というわけで、最終試験を何度も経験されている山田浩美先生に、最終試験について伺いました。

最終試験前から試験中の生徒の様子

— 相当緊張が予想されますよね。ここを不安に思っている先生、保護者が多いです。実際のところどうなのか、そして緊張を和らげるためにどんな対策が必要かについて、これまでの経験をシェアしていただけますか?

タイは4月がお正月です。ほぼ全てのインター校が4月6日から4月16日辺りまでの10日前後、お休みになります。私達の学校は、以前はタイの正月休暇後は、学生達はスタディリーブで学校にはもう来る必要はなかったのですが、勉強を自分でする生徒としない生徒の間で差が出始めた事もあり、その長期休暇後の1週間も学校に来て勉強をし、4月の最後の週のみがスタディリーブになっています。

そして最終試験が始まります。3月にMock試験をしているので、学生達も自分たちがど
の分野が弱くてどのように強化をしなければいけないかをその時点で把握出来ていると思います。私達教員は過去問を使いながらこの時期は試験対策を随分としています。


— なるほど。最終試験から逆算して試験対策を組織的に行っているということですね。

そうですね。普段の授業の中でも、学習するユニットが最終試験でどのように出題されるのかを考慮に入れて行います。先生たちは過去問をじっくり吟味することが必要です。


— 最終試験が迫ってくると、生徒たちは精神的に緊張状態が続くと思いますが、学校として生徒たちにどのようなサポートをしていますか?

私達の学校では、カレッジカウンセラー(大学進学担当のカウンセラー)とエモーショナルカウンセラー(精神面でのカウンセラー)が生徒達と頻繁に面談をしながら心身ともに支えるようにしています。学生数の関係からカレッジカウンセラーが4名、エモーショナルカウンセラーが1名います。

カウンセリングフロアには子供達の面談用のガラス張りの部屋が3つ、そして生徒達が自由に勉強出来る大きな部屋が2つあります。生徒達は自由にその部屋を行き来しながら何か問題にぶつかったときには、カウンセラーのところに会いにいっています。


— 「differentiation(IBの文書では“差別化”と翻訳されていますが、日本の学校教育では“個に応じた指導”という用語が一番近いと思います)」という考え方がありますよね。DP科目を指導する先生たちも生徒たちがどこで躓いているのか、学習面でのカウンセリングができるスキルが求められると思います。さらに精神面でサポートが受けられると生徒たちが分かっていれば心強いですね。

また、1つ下の階には図書館兼校長室(教頭もいます)があります。そこにDPCもいますので、子供達が困った時にすぐに話しに行く事も出来ます。要は子供達が来やすいような環境や位置に相談しやすい人間を置く形にしています。

そうすることで、子供達も特に緊張や違和感を感じる事無く、自由に相談ができるようになっています。

中休み

今回の最後にちょっとだけ、これまで訪れたインター校や私立のIB校のことに触れさせてください。

山田先生もおっしゃっていたように、それらの学校では進学を専門に担当する人が、情緒面を専門にサポートする人が、プログラムをコーディネートすることを専門にした人が学校組織の中にきちんと位置付けられています。そして様々な立場から日々の生徒たちの学習活動を支えています。「学習者ファースト」が実現されている。そんな風に思いました。

インター校では先生たちの入れ替わりが多いということもあると思いますが、それは日本の公立高校でも転勤があるので、プログラムを持続可能にしていくための組織づくりは重要です。これ以上は私の回ではないので、ここでやめますが、せっかくIBを日本の公教育でも生徒は受講できるようになったのですから、先生たちがキャパオーバーになって途中で受講できなくなったという事態にならないことを願っています。

さて、次回は引き続き、山田先生へのインタビューをお届けします。どうぞお楽しみに!

スポンサーリンク




フォローする